いざという時の安心感

日々の暮らしを、大きな安心で包み込む場所へ。

この街に暮らす家族の一人ひとりが、つねに穏やかな気持ちで、日々を不安なく暮らせるように。
地震など、万が一の災害に備えた防災対策にこだわりました。

万一の災害に備えて、「三位一体」の安心をお届けします。

東海圏初採用!
センターフォーラムが防災施設として機能します。

充実した防災機器・防災備品を装備しています。

非常用飲料水生成システム「WELL UP」
河川等から安全で衛生的な飲料水を生成するシステムを導入。
設置場所:防災倉庫
かまどスツール
敷地内には、災害時には座板を外すと炊き出し用のかまどになる、かまどスツールを設置しました。
設置場所:プライベートガーデン
非常用マンホールトイレ
マンホールに設置して使用できる簡易タイプのトイレ。断水時でも使えるため安心です。
設置場所:防災倉庫
災害救援ベンダー
普段は通常の自動販売機ですが、災害時には、中の飲み物を取り出して非常用飲料として提供することが可能です。
設置場所:ベンダーコーナー
受水槽による給水方式
災害時の断水や停電時にも、受水槽に貯えられている水を利用することができます。
設置場所:受水機
全戸に防災備品を標準装備
共用部だけでなく全住戸にもあらかじめ防災バッグや防災用ヘルメットなどを常備しました。
AED(自動体外式助細動器)
突然の心停止が起こった場合の救命に備え、心臓に電気ショックを与える医療機器「AED(自動体外式除細動器)」をご用意しました。
緊急地震速報システム
気象庁が提供する緊急地震速報をインターホン音声と液晶画面でお知らせするシステムを導入。大きな揺れが来る前に、備えることができます。
※直下型地震には、間に合わない場合があります。

停電時の電源にも活用できる「太陽光発電+蓄電池」。

太陽光発電と蓄電池の採用により、
停電時には、センターフォーラムの一部照明、電源への給電を可能にしています。

リチュウムイオン蓄電池システム概念図
Copyright(c) Cent Heart AllRight Reserved.